http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=38009のログです

はっはっ♡オーカくんっ♡あぁっ♡
(電気を消した暗い部屋で大好きな人を想いながらのオナニー。異様に高まる興奮は、ホンマにオーカくんとエッチしてるみたいだからやろか?暗がりでの淫行に我慢汁は止まらず、扱くたびにくちゅくちゅ♡恥ずかしい音が響く)
んんっ♡はーっ♡ぁン♡
(乳首もすっかり勃ちあがり、弾くだけで自然に腰が揺らめく。とくっ♡と我慢汁の雫が鈴口から溢れ竿を伝う感覚がした)
〜ッ♡やばぁ……♡乳首気持ちえぇっ……♡
(エッチの度にオーカくんが執拗に弄るし、おれもオナニーする時いっつも弄ってしまうせいだ♡ますます乳首は性感帯としての機能を発達させてしもうたらしく、キュウッ♡と抓ってぐりぐり♡捏ねくりまわして……♡虐めれば虐めるだけ雌に堕ちる快楽が頭を蕩けさせ、みっともなく舌を突き出しだらしない顔になっていくのが分かる)
あぁあっ♡もうアカンっ♡イクっ♡イ……ッ♡〜〜!♡♡♡
(もはや乳首は射精スイッチだ。オーカくんの早漏のことが言えないほど簡単に屈し、指先までつっぱってしまうほどの快感を味わいながら達してしまった)
あ〜♡んぁあ〜っ♡♡
(知能が感じられないアヘったような情けない喘ぎが止まらない。暗闇の中を熱い液体が迸って身体や顔を汚していく……♡)
はーっ♡はーっ……♡
(呼吸を整え、我慢汁やらザーメンで汚れていないほうの手で電気を点けると、見事に身体中白濁まみれ♡我ながらむっちゃくちゃスケベや……♡)
……送信っ♡
(ティッシュで汚れた手を拭くと、脇に転がしていたスマホで自撮りしさっそくオーカくんへ。もう寝てるやろか?それならそれで朝の一発抜くオカズになるかもしれへんな。寝ぼけ眼でメッセージを見て、一気に目が覚めますます元気になったソコを扱きたてるオーカくんを想像すると、んふふ♡と笑いが漏れるしまた興奮してきてしまう)
……おっ♡
(そんなことを思ってたら返信が)
「キバナエロすぎ。なに一人で気持ちよくなってんだよ!」
(……そんな文と一緒に添付されていたのは、寝っ転がりながら撮ったであろう彼の逞しい下半身の写真。股座から立派にそそり立つ狼マラは、もう我慢汁を滲ませているではないか。ゴクン♡と喉を鳴らしたらまた新しいメッセージ)
「いま、いい?」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます